in ◆ 色彩心理のこと

職場で赤の「ガミガミさん」に頭を抱えている方へ

-0 COMMENT
こんにちは!
色の専門家 我那覇 奈緒(がなは なお)です。


最近、ご相談いただく事例の中に、
職場でのコミュニケーションの悩みが多くあります。

今日は職場によく居る「ガミガミさん」について考えてみたいと思います😊


怒るとカーッとなって攻撃的に周りに当たってしまうガミガミさん。

色でいうとこの方は「レッドタイプ」の個性を持っている方です^^



自分の思い込みでまくし立ててしまう方

空気が読めずにすぐに怒鳴ってしまう方

コミュニケーションが苦手でキツく言ってしまう方



こういう上司・同僚・お客様 いらっしゃいますよね!




もうガマンできない!

そんなに言われると心が折れちゃう!

・・・もう諦めています。




と放棄したくなるお気持ちわかります😢。。。


傷つきやすい優等生の 「グリーンさん」
同じようにカッとなりやすい 「レッドさん」
自分の世界を大切にしたい 「パープルさん」
特に苦手に感じるかもしれません。


《 10色の特徴はコチラの記事でご紹介しています♪ 》



会う頻度の多い職場で接する人こそ、
自分自身がイライラしないためにも対応方法を考えてみましょう♪




1、相手の苦手なところをリフレーミングしてみる


リフレーミングとは物事の見方を変えて見てみることです。

相手の行動を変えることは難しいですが、
こちら側の見方を変えることはできます✨

必ず物事は表裏一体。

全てのことがリフレーミングが出来ますので、
すぐに出てこなくても少〜し考えてみてください。

必ず良い側面が見つかります。



例えば、ガミガミさんの特徴を挙げてみましょう♪


頑固 → 意思が強い

怒鳴る → 熱い気持ちがある / 伝えたい気持ちが強い

いばる → 自信がある

怒りっぽい → 感受性豊か / 情熱的

気が強い → 積極的 / 弱音を吐かない

厳しい → 妥協せずに目標を追い求める

強引 → みんなを引っ張る力がある


きっと当てはまる項目があるかと思います^^

このようにリフレーミングして、
物事を捉えることで、意外とその方から学ぶことがあるかもしれません!

「◯◯さんは、意思が強いんですね(リフレーミングした言葉)」
というようにポジティブな面を伝えてみましょう☺️!

特にレッドタイプの方は
自分を援護射撃してくれる人が大好きなんです♪



2、相手の根底にある感情に注目する


「怒り」という感情の根底には、様々な感情が潜んでいます。

様々な場面の中で
表立って出てきた感情(ここでは「怒り」)を「二次感情」
その根底に潜んでいる感情(寂しさ、悲しさ、落胆、焦りなど)を「一次感情」といいます。


「これが出来ていないじゃないか!」
→「期待していたのに・・・」(落胆)

「勝手なことをするな!」
→「(実は伝えていなかったけどすでに別の内容になっている)」(焦り)

「そんなこと無理に決まっているだろ!」
→「(何か事情があって)上司として叶えてあげられずに申し訳ない」(悲しさ)



シュチュエーションは様々で答えはひとつではありませんが、
相手の根底にある感情を考えてみましょう。


一次感情を拾い上げれば、
相手に怒りを向けられても、
怒りで返すことが減ってきますよ✨




3、困っていることを伝えてみる


言い方がキツくて傷ついてしまうなど、
相手に対して我慢せずに伝えてみるのも必要です。

みんな人間ですから、怒りを感じるのも当然です!


その時は上手に伝えるポイントがあるんです ^^!

それは自分自身の「一次感情」を必ず伝えること



「これが出来ていないじゃないか!」
あなた「出来る限りのことはやってみたのですが、
    理解出来ていない部分があるかもしれません。」(困惑)


「勝手なことをするな!」
あなた「お役に立てればと思って進めていたのですが、残念です」(落胆)


「そんなこと無理に決まっているだろ!」
あなた「こうすればもっと効率的に出来るかと思って提案しましたが、
    頭ごなしに言われてしまうと悲しいです。」(悲しさ)



すぐに一次感情が伝えられない場合は、
少し時間が経ってから(冷静になってから)でも構いません。

「昨日は感情的になってすみませんでした。」
と付け加えて、一次感情を改めて伝えてみましょう。




最後に、、、
どうすればいいのー!!とお困りのあなたのため、
「ガミガミさんに明日から実践できる対応方法♪」をお伝えしますね!


会話がヒートアップしてきたとき、
いつもなら、、、

「そんなこと言われても!」(否定)
「でもそれってこういうことですよね!!!」(反論)

→「◯◯さんはこういう風に感じているんですね」


レッドタイプの方は何がなんでも押し通そうとする強い意思があります!
途中で口を挟むと余計に感情的になってしまうので、
3分ガマンしてみましょう。
相手が一息ついたところで、相手の気持ちをまずは需要してみてください。
その後に自分の意見を伝えてみましょう♪



苦手な上司と話すとき、
いつもなら、、、

「(いやだな〜、早く切り上げよう)」

→「(この人から何が学べるかな?)」に切り替える

「苦手」「避けたい」と思っていると、
いつまで経っても関係は改善されません。
目の前の人はクリア出来ても、別の方で同じような課題が出てきます。
苦手な人はまずは反面教師からでも観察してみましょう。


すぐにでも実践できる方法ですので、
ぜひ試してみてくださいね〜♪



苦手な人をクリア出来たとき、
自分自身がとってもラクになりますし、
「自己肯定感」もグンっと上がります💕


もちろん!

ど〜〜〜しても無理!!!という方との対応の場合には、
「逃げる」「助けを求める」というのも立派な選択です。

「無理にコミュニケーションを取らない」という自己決定ももちろんアリです!
職場の上司や周りの方に相談してみることも大切です。 



「怒り」に任せず対応出来たときには、

自分に「この人に対応出来た私ってスゴイ!!」

🌸花マル🌸してあげてくださいね ^^♪













関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment