in ◆ 色彩心理のこと

「理解出来ない!!」と思ったとき黒の気持ちを客観視してみる

-0 COMMENT
こんにちは!
色の専門家 我那覇 奈緒(がなは なお)です!


最近、黒の気持ちをすごく実感したことがありました〜〜!


「なんでこんなことするの!?理解出来ない!!」という
黒の気持ちが湧き出たときに、
一度、気持ちを客観視することで、
より良い結果につなげることが出来るという体験でした😊💕



ギフトショップで取り扱っている商品が先日届いたのですが、
あけてみると破損している商品があったんです。


ピアスが折れていたり、
パーツが壊れていたり。

これではとてもお客様にご紹介出来ない状態です。



通常はこのような商品がある場合には、
交換をしてくださったり、
その金額を差し引いて処理してくださいます。
※ちなみにこのメーカーさんとは
メールのやり取りで対応していただいていました。


(まあ発送途中で壊れてしまうこともあるよね。)


と思い、早速メーカーさんにご連絡をしてみたんです。




しかしそのメーカーさんからの回答は、

購入時に「多少のキズ、汚れがある場合がございますので予めご了承下さい。」
とちゃんと記載されているので、返品交換の対応は出来ません。


との回答が!!!




かっちーーーーん!!!!




と私の中で怒りスイッチが入ってしまいました!笑




私の中に眠っていたブラックキャラ
むくむくむく〜っと出てきて、


(いやいやいやいや・・・
普通はこういう対応でしょ・・・
もう面倒だな。
このメーカーとは絶対お取引したくない!! )


とコミュニケーションを放棄したい気持ちが湧いていました。
これ、黒の拒否拒絶をしたくなる気持ちなんです。笑


普通であれば、泣き寝入りするか、
がーっと電話で物申したくなるところですが、


ここでふと気付いたのです。



「!!!私、今 黒 の気持ちだ!!!」



ここでの私の一次感情は「権利擁護」です。

つまり、ちゃんと対応してもらえなかったことに対して、
自分の権利を主張したいのです。



(よし、ここはちゃんと対応してみよう。)



すると私の中のブルーキャラも登場してきて、
納得がいかないということと、
その理由を理路整然と伝えていました!

※やっぱり私は怒るときにはブルーキャラだわーと
改めて気がつきました 笑



最終的にどうなったかというと、
きちんとメーカー側が返品の対応を
してくださる結果となりました!



きちんと伝えたいことを言えて気持ちがスッキリすると、
こちらの要件を伝えながら
徐々に( 相手も大変だなー )なんて思えてきて、

「相手の立場に共感をする」という黒のポジティブな気持ちで
感謝の言葉を添えて終わることが出来ました ^^!笑

※黒のポジティブな意味の中に、
弱い立場の人や傷つけられた気持ちに共感するという意味があります。



相手の信じられない対応に、
むくむくむくっー!っと
湧き上がってきたその感情!


私も感情のままに対応していれば、
自分自身も気持ちを伝えられず、
相手との関係を遮断してしまうという結果になっていたと思います。


今回途中で気がついて修復出来たことによって、
自分でも上手く対応出来た!と嬉しい気持ちになりました ^^


客観的に自分を見て上手くコントロール出来るようになると、
相手とより良い関係を築くことができますよ✨


ぜひ皆さんも色を味方につけて、
よりよい関係を築いてみてくださいね😊💕









関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment